SDGs SDGsへの取組み

鳥取砂丘除草ボランティアへの参加

鳥取砂丘イメージ

「鳥取砂丘」では、1970年頃から外来の雑草が繁茂し、砂丘独特の「風紋」や「砂簾」が見られにくくなるなど、「草原化」が深刻化しています。美しい景観を守る為の有志による除草活動が2004年より定期的に行われており、今年も当除草ボランティアに参加しました。

【5月27日】
 

                


抜いてはいけない砂丘植物(ハマニガナ、コウボウシバ、コウボウムギなど)の見分け方等の知識も得る事ができ、環境への関心もさらに高まりました。
美しい「鳥取砂丘」を維持し、未来に引き継いでいく為に、今後も積極的に当活動に参加してまいります!

【活動概要】
2021年7月2日​​​